専業主婦でも借りられる消費者金融 | 家族に内緒で即日融資OK

専業主婦でも借りられる消費者金融 | 家族に内緒で即日融資OK

抵当権とは

屋根
無担保で主婦でも借りられる方法は、今やかなり少なくなっています。

内職やパートなど、安定した収入があるのならばキャッシングやカードローンで主婦でも借りられる可能性がありますが、全く年収がない場合には、そもそも審査に通る可能性がほとんどありません。

ただし、不動産などの担保があれば話は別です。

不動産を担保に入れる不動産担保ローンの場合は、金額によっては主婦でも借りられることがあります。

その際は、保証人もつかないかわりに、担保に入れる不動産に対して抵当権が設定されます。

では、抵当権とは一体何でしょうか。
これは、不動産の所在、不動産の種類や面積、所有者などを記した登記簿というものに記載される内容の一つです。

国内の不動産はこの登記簿に情報が記載され、管轄の法務局によって管理されています。
中でも抵当権は、その不動産の価値を決める上で重要な内容となっています。

抵当権とは、返済が滞納するなどの理由で融資した現金の回収ができないとき、他の債権者よりも先に該当する不動産を処分して、その収益を回収することができる権利です。

そのため、支払いが著しく遅れたときなどは、債権者が該当する物件を競売に出したり、任意売却にかけるなどして処分することがあります。

この場合、所有者であっても滞納している支払いをしない限りは処分を防ぐことはできません。

売却代金が借入残高よりも多かった場合には、必要経費などを差し引いた残額を、現金で所有者に渡すことになります。

また、抵当権は複数設定することが可能ですが、先に抵当権の設定登記をしている、順位の高い債権者から順番に回収していきますので、順位が後になるほど回収は難しくなります。

主婦でも借りられるからといって、安易に自宅などを担保に入れて借り入れをすると、万が一返済できない時には自宅を失うことになりかねませんので、利用する時にはきちんと返済計画を立てて、必ず返すようにしましょう。

このページの先頭へ