専業主婦でも借りられる消費者金融 | 家族に内緒で即日融資OK

専業主婦でも借りられる消費者金融 | 家族に内緒で即日融資OK

グレーゾーン金利とは

ビル
主婦でも借りられる消費者金融は便利です。

しかし、キャッシングの金利については昔はグレーゾーン金利と呼ばれている高い金利で貸し付けを行っていたため、返済が困難になる利用者が多かったです。

グレーゾーン金利とは、二つの法律の上限金利の間の金利のことです。

金利については、出資法と言う法律と、貸金業法という法律でそれぞれ違った上限金利が設定されていました。

出資法においては、少額の場合でも29.2%を超える金利での貸し付けは禁止されており、貸金業法では20%を超える金利での貸し付けは禁止されていました。

この間の、20%から29.2%までの金利がグレーゾーン金利です。

グレーゾーン金利であっても、貸金業法違反になるので問題なのですが、実はこの金利であっても、借りる側が承諾すれば違法にはならないという抜け穴があったのです。

主婦でも借りられる便利な消費者金融ですが、この高金利で利息が膨れ上がり、返済不能で破産をする人が増えてしまいました。

今は出資法の上限金利を、貸金業法と同じ20%まで引き下げたため、グレーゾーン金利は実質廃止されています。

一方で、総量規制によって借り入れできる金額が年収の1/3までと規制されているので、昔よりも借り入れ条件を満たせずに困る人も増えています。

消費者金融側でも、以前は主婦でも借りられることが多かったのですが、規制と返済不能のリスクに対する防衛の観点から、主婦でも借りられるところは減りました。

ちなみにこのグレーゾーン金利については、貸金業法の20%を超えた分の利息については取り戻すことが可能です。

司法書士や弁護士などに依頼すれば、手数料はかかりますが、ほとんどの手続きを専門家が対応してくれます。
長期にわたって返済していた場合だと数百万円を超える金額が戻るケースもあります。

ただしグレーゾーンの金利を取り戻すにあたって、時効が成立してしまうケースもあります。

具体的には、完済から10年経過してしまうと時効が成立してしまうので、対象の人は早めに取り戻しを検討したほうがよいです。

このページの先頭へ