専業主婦でも借りられる消費者金融 | 家族に内緒で即日融資OK

専業主婦でも借りられる消費者金融 | 家族に内緒で即日融資OK

アドオン金利とは

横断歩道
急な病気での入院・手術やローン返済等様々な理由でまとまった現金が必要になった時、便利なのが主婦でも借りられる消費者金融やクレジット会社のキャッシングです。

基本無担保で利用者の信用情報に基づきスピーディな融資が実行されるのが最大の利点で、審査は比較的緩く主婦でも借りられる反面、常識的な金銭感覚が麻痺してしまう要因でもあります。

またその性質上計画的利用が意外に難しく、最悪の場合多重債務を抱えて自己破産というケースも珍しくありませんが、主婦でも借りられると銘打っていたキャッシングも現在は総量規制の導入で貸付制度に変化が起きています。

総量規制はキャッシングに設けられた借入れ制限で、原則として年収の1/3迄とされている仕組みです。

安直なキャッシング利用による多重債務者の増加防止と闇金の取り締まりを目的とし、個人向け貸付(個人の借入れ)を対象としています。

この総量規制の問題もあり、特に消費者金融系のキャッシングでは「主婦でも借りられる」という謳い文句は通用しなくなりました。

キャッシングを利用した際は元金と利息を返済することになりますが、返済方式は貸金業者によってそれぞれ違いがあり、その中の金利計算方法の一つにアドオン金利があります。

アドオン金利は「元金に利息を上乗せする」という意味で、元金に利息額を足した額を返済回数で割ったものが毎月の返済額になる仕組みです。

一般的にクレジットの分割払いがこれに相当します。

この方式は計算自体が単純なので返済額や利息額が分かり易いですが、アドオン金利の場合は返済する毎に減る元金に比例して利息も減っていく元金均等方式や元利均等方式とは違い、元金を減らしても終始利息額が一定なので、結果的に返済額が増えてしまうデメリットが存在します。

つまり実質的な金利は表面金利より高くなるのですが、アドオン金利は一見利率が低いため利用者に誤解を与えやすいとして現在では実質金利の表示しか認められていません。

このページの先頭へ